2018年3月16日金曜日

翻訳家・柴田元幸と『ハックルベリー・フィンの冒けん』を囲む読書会

こどもの頃から本を読むのが好きでした。
小さい頃は人と関わるのが苦手で、いつもひとりで庭や屋根の上でぼんやりしたり、小説や漫画を読んだり、飼っていた犬や猫や小鳥や鶏と遊んだり。
家に蔵があったので、その中で江戸川乱歩の全集を読んで(まさに蔵の中!)、その独特の世界にひっそりと身をおいて物語を味わうなど、
今にして思えばとても贅沢な時間を過ごしていたのだと思います。

今は、小さいながらも自分の店を持って、家では子供たちと楽しいながらも慌ただしく過ごしていて、ゆっくり本をめくる時間がとれずに気がつけば数十年経ってしまいました。

正直に言えば、時間がないというより、
頭の中がつねに仕事や子育てのことで忙しく、
余裕がまったく無かったのだとおもいます。

最近になってようやく、今やっていることの全てが未来につながっているという安心感を得て、
遠ざかっていた読書熱が爆発!

優れた文学、音楽、アート、映画には、現実の世界から連れ出して癒してくれる力があります。

店と家との往復で毎日が過ぎてゆく中、真夜中に手にした小説の世界にトリップしていくのは、至福の時間です。

そんな中、不朽の名作『ハックルベリー・フィンの冒けん』が、
敬愛する柴田元幸さんの新訳で発行されました。

こども時代に夢中になった遠い国アメリカのハック少年が活躍する物語は、大人になった今あらためて読むと、窮屈な理念やしがらみに風穴を開けて飛び出してやれ!と背中を押してくれるようです。

柴田元幸さんが、まるでハックに憑依されて書かれているような(笑)いきいきとした冒けんを、あらためて朗読というかたちで触れることができるなんて、考えただけでもワクワクしませんか?

また、今回は気軽な読書会として、ハックについて柴田先生と意見を交換できる場にしましたので、みなさんの感想や新訳についての質問など、どしどしお寄せください。
気さくな先生のお人柄に触れるチャンスです!

未読の方も、この朗読会をきっかけに、現実の世界から19世紀のアメリカへの冒険旅行をぜひご一緒に!


日時:331
開場:10時 
開演:1030分 
料金:1500円+1オーダー 
日時:2018331日(土)
開場:10時 開演:1030分 終演:1230分頃
ゲスト:柴田元幸
料金:1500円+1オーダー 
お申し込み:ignition.gallery@gmail.com
1.お名前(ふりがな)
2.当日のご連絡先 
3.ご予約人数
  ご予約申し込みメール受信後、数日以内に受付確認のメールをお送り致します。
*メール受信設定などでドメイン指定をされている方は、ご確認をお願い致します。
*当日無断キャンセルの方にはキャンセル料を頂戴しております。定員に達し次第、受付終了となります。

また、クワランカ・カフェでの店頭、Eメール、電話 080-5658-3476でも受け付け可能です。




以下企画してくださったignition galleryの熊谷充紘さんのtumblerより転載
(熊谷さん、いつも素敵な企画をありがとうございます♡)


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
翻訳家・柴田元幸と『ハックルベリー・フィンの冒けん』を囲む読書会


多くの人が子供の頃に読んだり、タイトルを目に耳にしたことがあるであろうマーク・トウェインの名作を、柴田元幸さんが新たに翻訳し『ハックルベリー・フィンの冒けん』(研究社)として発売されました。
まず、タイトルの冒けんという表記から、これまでの翻訳とは違うんだというメッセージが伝わってくるようです。
いま、柴田元幸版『ハック・フィン』を読んでみることで、何を感じるでしょうか。
今回、柴田元幸さんをゲストに迎えて、『ハックルベリー・フィンの冒けん』読書会(朗読付き)を開催します。
参加条件は、この作品を読んできて、感想を言うことです。
心に残ったセリフだったり、少年小説としての魅力だったり、翻訳についてだったり、感想はなんでもかまいません。
読み方に正解・不正解はありませんので、お気軽にご参加いただけたらと思います。
分厚い本ではありますが、ハックの語りに乗っているうちに、あっという間に読めて、そしてすぐに最初からまた読み直したくなる、そんな作品だと思います。
ぜひ、柴田さんとハック・フィンを囲んで、楽しい朝の時間を共有しましょう。


柴田元幸プロフィール

翻訳家、東京大学名誉教授。東京都生まれ。ポール・オースター、レベッカ・ブラウンなど、現代アメリカ文学を数多く翻訳。2010年、トマス・ピンチョン『メイスン&ディクスン』(新潮社)で日本翻訳文化賞を受賞。最近の翻訳に、レアード・ハント『ネバーホーム』(朝日新聞出版)、マーク・トウェイン『ハックルベリー・フィンの冒けん』(研究社)など。文芸誌『MONKEY』責任編集。2017年、早稲田大学坪内逍遙大賞を受賞。

企画:熊谷充紘(ignition gallery



2018年3月7日水曜日

♪春うらら♪日本酒でゆるり発酵座談会@クワランカカフェ



~日本酒の利き酒&手づくりおつまみとともに、発酵を感じてまなぶ夜~



先日、毎年冬に味噌作りのワークショップをやっていただいているてらじこと寺島あかねさんから、「福岡の自給自足系シェアハウス・いとしまシェアハウスで出会った同名(あかね)+発酵+日本酒好き繋がりの友人が東京でイベントをできるお店を探しているのですが、クワランカでどうでしょうか?」というメールをもらいました。

てらじの友達はみな、海外や国内で自分の好きなことをとことん追い求めて輝いている素敵なひとばかりなので、ぜひ会ってみたい!!と、
茜さんの上京タイミングでワークショップの開催を急遽企画することに。

当初は発酵のお話や自給自足な暮らしのお話メインとのことでしたが、
当店のお客様は美味しいものが大好きなひとが多いので、
日本酒や甘酒の飲み比べをしつつ、ざっくばらんに発酵の良さをお話する会にしてください!と無理を言って、
利き酒&発酵食おつまみを愉しみながらの茶(酒)話会をやることにいたしました。

実家が巣鴨の酒屋さんだったり、日本酒では有名な寺田本家で働いたりと、日本酒に深い造詣を持つ茜さんのセレクトしたお酒を呑みつつ、チャレンジ精神旺盛な茜さんの実体験をみんなでシェアしましょう♪

お酒が呑めない方には甘酒のほかに、ちょっとした発酵食品のお土産をご用意いたします。

また、当日はカフェの通常営業もやっていますので、ちらっと見て、なんか楽しそうだなぁと思われたらその場での参加もオッケーですので、
ぜひお声がけくださいね。

とき:2018324日(土)18時~

料金:3500

お申し込みはイベントページクワランカカフェのメール  080-5658-3476のいずれか。




========================================

以下茜さんのフェイスブックより転載


3月下旬、春分をすぎて桜のつぼみもほころび始めるころ。
寒さでちいさくなっていた体もゆるみ、外にお出かけしたくなりますよね。

発酵にまつわる小さないきものたちの動きも、少しずつにぎやかになってくる季節です♡

「発酵ってなんとなく良さそう、楽しそう」
「むずかしいことはわからないけど、発酵食がすき!」

そんなみなさんと発酵についてちょっと知識を深めつつ
美味しい日本酒と手作り発酵フードでわいわい楽しんじゃう会です(*´ω*)
ふだん発酵について疑問に思っていることなどあれば、どんどん質問もどうぞ~♪

話し手は東京から九州・四国へ移住し、里山で自給的な暮らしを営みながら
酒蔵で働いたり、おうちで麹や味噌などの醸しものをつくったり、
発酵するものに囲まれて日々を過ごしています。
そんな手づくりの暮らしについてもシェアできたらいいなあと思っております◎

======

とき:2018324日(土)18時~

ところ:吉祥寺・ギャラリーカフェ「クワランカカフェ」さん

料金:3500

・「発酵ってなあに?」のプチ紙芝居
・おすすめの日本酒 45 (みんなでシェアする利き酒スタイルです)
・里山の幸でつくる発酵食を使ったおつまみ(野菜メインの軽めのもの数種類)
・手づくりする暮らしのおはなしなど

以上がふくまれます。

*もっと飲みたい!食べたい!という方はクワランカカフェさんのメニューからオーダーできます◎
*お酒は飲めないけれど参加してみたい。。!という方には、甘酒とちょっとしたお土産をご用意しようと思っています。
予めご相談ください☆


======

【話し手・注ぎ手 カワノアカネ / 育酒家(ikusyuka)】

巣鴨に生まれそだつ。熊本のエコビレッジ・サイハテ、福岡の自給自足系シェアハウス・いとしまシェアハウスにて、
コミュニティで手づくりする暮らしを5年間学びつつ冬は酒蔵ではたらく。
2015年秋、自然酒への興味をおさえきれず半年間千葉の酒蔵・寺田本家へ。
その後日本酒のイベント、発酵のお話会などを企画するなかでご縁をいただき、20181月愛媛へ移住。

開栓した日本酒を常温で育てながらふるまう「育酒」活動中。

2018年2月16日金曜日

焼かずに作れる、グルテン&シュガーフリーの 『Rawブラウニー』lesson


とっても簡単に出来て、ホワイトデーにもぴったりな濃厚ブラウニーの作り方を
ローフードマイスターで料理家の宮村ゆかりさんをお迎えして教えていただきます♪

グルテンフリーな上に、しかも今回は甘味料も使わないシュガーフリー!!
ダイエット中でも気にせずたべれちゃうスイーツです!



かわいくデコレーションしたブラウニーを、お土産でお持ち帰りいただきます。
翌日、そのままプレゼントできるようにラッピングもご用意しますよ!
_________________________
◆日時 :3/13(火)19時~21時(お時間に余裕をもってお越しください。
また、お食事を召し上がりたい方はワークショップ開催前にカフェにてご注文いただけます。)
◆参加費:4000円+1オーダー~
◆内容
・ローフードのおはなし
・ブラウニー作りのデモと実践、ご試食
・WS終了後、クワランカ・カフェのメニューでカフェタイム
・ブラウニーのお土産、レシピ付き

◆持ち物:エプロン、筆記用具、タオル



◆ご予約 クワランカ・カフェ
info_qwalunca@yahoo.co.jp
080-5658-3476
店頭にて

参加費は当日のお支払となります。
【キャンセルポリシー】
セミナー開催の2日前からキャンセル料が発生します。
2日前は参加費の50%、前日・当日は100%となります。

◆定員:12名



【講師プロフィール】
宮村ゆかり
栄養士・栄養教諭・調理師
『ミヤムの恋するcooking』主宰。栄養士、飲食店、Raw foodマイスター講師などの経験を経て、料理家として活動中。

◆ローフードとは
ローとは、「生」のこと。48℃以下の加熱で、本来食べものが持っている酵素やビタミン、ミネラルなどを効率良く摂取することを目的とする食事のことをいいます。
加熱せず、小麦粉・卵・乳製品や添加物を一切使わずにつくります!食べてキレイに元気になれる、ココロも体もハッピーになれるデザートです。

2018年1月15日月曜日

味噌ワークショップ@クワランカカフェ

みんなでワイワイ。
気づけばポカポカ。
手前味噌づくりは、冬の風物詩。
味噌は身体にも優しく、とっても美味しい日本のソウルフードです。
発酵食品の持っているパワーを暮らしに取り入れてみませんか?
山形産の無農薬・無化学肥料の美味しい国産丸大豆と生麹を使った味噌作り。
昨年開催して大好評だった寺島あかねさんをまたまた講師にお迎えしての味噌ワークショップです。
アルコール不使用のとっても美味しい甘酒の作り方も教えてくれますよ~♪
初めまての方もリピーター様も大歓迎!
_________________________
日時 :2/11(日)18時~21時
参加費:2.500円+1オーダー
・1kgの仕込み味噌お持ち帰り
 
持ち物:味噌を入れる容器、手提げ、タオル
・容器について
1.5L~2Lの容量。プラスチック・ガラス・ホーロー何でも可。
家に持ち帰って重石をするので、容器の口はパーにした手が余裕で入る広さの物を。
横広より縦深のものを

定員 :約12名
初めての方も、リピーターさんも大歓迎!
予約制、先着順となります。

ご予約:クワランカカフェ
info@qwalunca.com
080-5658-3476
店頭にて

キャンセルについて:仕込みがあるので、2月9日までは可です。
それ以降の場合は会費やお味噌の事など、ご相談させて下さい。
 
材料:身体と地球に優しい素材を取り寄せます。
無農薬・無化学肥料の美味しい国産丸大豆と生麹。(山形産) 
塩も天日海塩を使用予定。(海水:オーストラリア)

お味噌造り初めての方へ:「 味噌って手作りで出来るの!? 」
そうなのです!味噌は手作りで、お家で簡単に出来ちゃうのです。
美味しいし、体にも良い、日本の発酵食品。
いっぽ踏み出して、手造りしてみましょう!
みんなでワイワイ仕込んで、
お家での寝かせ方までレクチャーするワークショップです。
(味噌は半年以上寝かせて完成です。)

カフェでの開催につき1オーダー制です。:デザートや飲み物、ごはんなどお好きなものをご注文してください。ワークショップ開催前のカフェタイムに来ていただいて、ゆっくりごはんを食べてからのご参加もオッケーです。
__________________________

【講師プロフィール】
寺島あかね 1986年3月 東京生まれ 発酵旅人
旅をしながら、日本・海外で味噌づくりをじわじわと伝えている
 2011年から味噌づくりを始め、発酵の世界に感動し、味噌ワークショップを始める。2014年OLを辞め、イギリスに語学留学。‘自らが変化を起こす’という、トランジション運動のはじまった場所、トットネスに半年滞在。その時通った‘大人のための自然学校’、シューマッハ・カレッジにも影響を受け、その後もニュージーランド、ノルウェーと旅を続ける。
 旅のスタイルは、‘暮らしを訪ねる旅’。WWOOF*という仕組みの元、観光客ではなく、訪ねた土地の文化を深く知り、自分も日本の文化を伝える、という旅が好き。
*WWOOF(ウーフ):
World Wide Opportunity on Organic Farm
オーガニックな暮らしをする人のお手伝いを住み込みでする仕組み

2017年8月28日月曜日

クワランカ・カフェのつかいかた (ギャラリー/イベント/ワークショップのレンタルについて)


2000年にオープンした、駅近だけど、ちょっぴり隠れた場所にある、お部屋のように小さなカフェです。
カフェの通常営業以外にも、情報交換の場としてご利用いただけるよう、展示、ワークショップ、イベント等もおこなっています。ご興味のある方はメール、お電話にてお気軽にお問い合わせください


ギャラリースペースの使用料/使用について

展示の場合
1週間(6日間)¥20,000/ミニギャラリー¥10,000(消費税込)

会期中の月曜日は定休。祝日の場合は営業。
*これ以外の期間(長期、短期)についてはご相談ください。
主催者不在の場合でも、当店が販売業務を代行します。作品を販売された場合は販売手数料として、売り上げの20%をいただきます


作品の管理について
展示作品の管理は出展者側にお願い致します。 尚、保険が必要な方は、使用者側にてご加入ください。


オープニング・パーティー、クロージング・パーティーについて
30名様程度まで収容可能です。ご希望のプランにあわせてご提案いたします。

展示方法について

事前にご相談ください。 壁面への展示の他、陶芸作品、アクセサリー等の展示も可能です。什器、備品等無料貸し出し致します。

告知について

当店のウェブサイト/twitter/Instagram/facebookにて情報を掲載させていただきます。DM、ポスター、作品のタイトルカード、芳名帳等は各自ご用意ください。
ご希望の場合は当方にて、デザイン、印刷を承ります。料金等はご相談ください。

搬入、搬出について
搬入は会期当日の10時、搬出は最終日の22時までにお願いします。駐車場はございませんので、近所のコインパーキングをご利用ください。

予約金、キャンセル代について
お申し込み時に予約金として使用料の半額を、搬入日前日までに残金をお支払いください。 キャンセル代は、1ヶ月前までは 50%、 それ以降は使用料の全額を負担して頂きます。
—————————-
ライブや講演会の使用料/使用について
スペース使用料はかかりません。
ドリンクやフードのオーダーをお願いいたします。
3時間使用で、オーダーの最低保障を¥20,000とさせていただきます。

機材について
演奏や上映に使用する機材はすべてお持ち込みいただけるようお願いいたします。
また、当方にて手配も可能です。料金は機材内容によって異なりますので、お問い合わせください。

—————————-
ワークショップの使用料/使用について
カフェの通常営業時間内に、お席を少人数でのワークショップにご使用いただけます。
スペース使用料はかかりません。
1オーダーをお願いいたします。
貸切使用の場合/3時間使用で、オーダーの最低保障を¥20,000とさせていただきます。


その他
お店のイメージにあわない作品の展示、イベントにつきましてはお断りさせていただく場合もございます。

—————————-
お問合わせ/ご予約
クワランカ・カフェ 担当:稲垣
営業時間:11:3019:00
金、土曜日:11:3022:00
定休日:月曜日(祝日は営業)
180-0003
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-8-11弥生ビル3
電話:080-5658-3476

2017年4月11日火曜日

今日から始まる展示のお知らせ 萩原舞佳×萩原哲夫2人展 [TO THE NEXT PHASE]

クワランカカフェは井の頭公園へ向かう道を少し入ったところにあるので、桜の時期は毎年たくさんの人で賑やかになります。

以前渋谷で営業をしていた時も毎日がお祭りのようで、スクランブル交差点などは青信号になるのを2回くらい待たなくては渡れないほどでしたが、隠れ家のごとくひっそりと佇む当店では、ここだけは別世界とでもいうようにゆっくりと時間が流れているのです。

そんな場所ならではなのでしょうか?
時々映画のワンシーンのような出来事が起こります。

ずっと昔に一緒に仕事をしたことのあるイラストレーターさんと編集者さんが偶然再会して、あらたなプロジェクトがうまれたことや、
ピアニストの彼がギタリストの彼女にプロポーズをしたことなど(そんな2人は今や売れっ子ミュージシャンとして活躍中♪)、書ききれないほどたくさんのエピソードがあるのです。

そして今回展示をしてくださる萩原哲夫さんと舞佳さん親娘にも、素敵なワンシーンを観せていただいたのは、2015年末の展示の時でした。
展示会場であるクワランカカフェで、交際中の彼氏さんを舞佳さんが初めてお父さんに紹介したのです。

とても緊張している今時珍しいくらいの”好青年”の彼氏さんと、男手一つで娘さんを育てた画家で詩人の”一癖ありそうな”お父さんとの対面シーンは、単館でかかるショートムービーのようでした。

そして1年数ヶ月経ち、今月お2人はご結婚することになったそうです✨

そんな舞佳さんの新生活へのスタートにちなんだ今回の展示タイトル「TO THE NEXT PHASE」は次の段階へという意味だそう。
それぞれが別の技法やタッチで作品を発表してくださいます。
親娘の作風の違いや、花嫁となる舞佳さんの溌剌とした新作が見所です。

また、会期中は詩のオープンマイクイベント、クロージングパーティーも開催しますので、ご興味のある方はフェイスブック等もご参照ください。

最近巷ではご縁スポットと名高いクワランカカフェのギャラリースペースにて23日まで開催する幸せ気分満載の本展示をどうぞご覧ください♡


会期/411日[火]~23日[日]月・木曜定休(413720日)
11:3019:00(金・土曜 22;00、最終日= 1800

会場/クワランカ・カフェ[吉祥寺]
180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-8-11 弥生ビル3F
電話:080−5658-3476 E-Mail: info@qwalunca.com

会期中の詳しい営業時間はクワランカ・カフェのホームページTwitterFacebookなどでご確認ください。

萩原哲夫SNS
Twitter:https://twitter.com/lotuth


[会期中イベント]
オープンマイク「詩人REUNION Ver.0.1=415日(土)18:30~ 
チャージ1,000+ドリンク代
主催・司会/服部剛、ハギー

多くの皆さんに詩の楽しさを体験していただきたく、声と言葉さえあれば、素の自分をライブで表現可能なオープンマイクを開催いたします。

エントリーはメールでも受け付けます。一人56分で、テーマは自由で基本マイク一本でリーディングしてください。

「結婚もしくはパートナー」についての皆さんの思いを簡単に語ってもらった後、詩を朗読していただければと思います。

表現することに興味があったり、日常に疲れた、最近モヤモヤしてるっていう(笑)お友達やお知り合いがいらっしゃいましたら、是非ご一緒にどうぞ。今まで人前で読んだことの無い方のエントリーも大歓迎です。

「詩人リユニオン」の当面のゴール設定は、最新のビジネス手法であるブランディングやプラットホームビジネスの仕組みを利用して、詩人達のゆるやかなユニオンを作ろうというものです
お金も含めた社会との繋がりと、多くの詩人さんたちの地位向上のための仕組み作りを目指してます。協力いただける方も(詩人さんでもそうでなくても)募集中です!
 
クロージングパーティー=423日(日)15:0018:00
どなた様でもご参加いただけます。
同時刻カフェは通常営業中です。






2017年3月10日金曜日

今日から始まる展示のお知らせ「ふるさとを想う・6」

三寒四温をくりかえして空気に匂いはすでに春の兆し(私は季節や環境の変化をなによりも匂いで受け取るタイプなんです。みなさんはいかがかな?)。

一年がたつのは早いもので、昨年3月に開催したふるさとを想う展が、ふたたびクワランカでスタートします。

本展示は、2011年東日本大震災の翌年から始まった岩手県立不来方高校・芸術学系15期卒業生有志によるグループ展です。
今は各地に散りながらも、6名それぞれの心に残る「ふるさと」への想いを絵画、陶器、ジュエリーなど様々な形の作品に託しながら制作した作品を一挙公開。
「ふるさとを想う」のファンのみならず、カフェにご来店くださるお客様にも楽しんでいただける内容になっています。

そして好評につき、今年も岩手県にちなんだ限定特別メニューを期間中ご提供いたします。
メンバーと綿密な打ち合わせの結果、わんこそばは設備や人員の問題もあり断腸の思いで断念し、陸前高田市の葡萄園で製造されている「マスカットサイダー」と、東北銘菓「ゆべし」をアレンジしたゆべし風パウンドケーキをご用意することになりました!

ほのかなマスカットの香りとシュワーっと喉にくる炭酸が心地良いどこか懐かしさを感じるマスカットサイダーと、くるみと黒糖、隠し味の醤油も香ばしいゆべしパウンドケーキを、展示と併せてお楽しみください。


また、物販コーナでは、栞、ポストカード、箸置き、マドラー、コミックなども販売。こちらの売り上げの一部は岩手県への応援金とさせていただきます。



ふるさとを想う・6
岩手県立不来方高校・芸術学系15期卒業生有志によるグループ展

会期:2016310日[金]~29日[水]

13日(月)23日(木)27日(月)定休日
展示中の営業スケジュールはホームページツイッターフェイスブックをご参照ください。