2019年2月4日月曜日

クワランカ・カフェ吉祥寺エピローグ【クワランカの家具は何処へ?編】

のんびりペースのブログ更新。

今日は病院のベッドで書いています。
いえいえ入院ではないのでご心配なく。

科学治療のための通院で、日帰りで点滴投与をしているのです。
先日の検査結果を受けて、今日から新しいお薬に変わりましたが、
今のところ副作用はなーんにもないのでほっと一安心。

貧乏性ゆえベッドの上でじっとしている時間を利用して、
メールの返信、ブログの更新、確定申告準備のため領収書の束まで持ち込んでおります。

立春らしく暖かいので、隙間時間を利用してお弁当は外の公園で。少しでもエンジョイしたい。。
これも貧乏性ゆえからかしら?


さて、先日まで閉店に伴う蚤の市のことを書いていましたので、
今回もその続きです。
家具や食器は、クワランカの想い出にとお求めくださるお客様や、編み会のメンバーのおかげでどんどん減っていきました。

蚤の市二日目。
初日とはうってかわってのんびり。
 
蚤の市の影の功労者“先生”や友人たちと和んでいたら、
小学生&幼児連れの元スタッフ、ダースレーダー夫妻が、
ベビーカーを押しながら陣中見舞いに来てくれた。




その後ろにはもう1台のベビーカーと、まったく同じ家族構成のご家族連れが。

てっきりダースの友人家族と思っていましたが、
奥様より「残りの椅子と卓ををすべて購入したいのですが」とお声をかけられびっくり!

すいてたのでゆっくりと事情を伺うと、
ご主人は下北沢でアナログレコードを一万枚!!所有するbarのマスターで、
奥様は独身の頃、クワランカの近くの人気カフェのスタッフさんをしたのち、下北の人気カレー店茄子おやじで働いてるとき今のご主人と知り合い結婚。
二人のお子さんに恵まれ、奥様は育休中。

2019年春以降は、
奥様のご実家の伊豆のお寺にbarを移転し、
お寺の敷地内の一軒家のガレージを改造してカフェバーを始めるそう。
う、羨ましすぎる…。

薄暗いガレージと、
広々としたテラス席(つまり外の敷地一体)に置く家具なので、
使い古されて味のあるものを探していたらしく、
ツイッターで偶然閉店蚤の市のことを知り、
実際に見に来てくれたとのこと。

スマホで現地の写真を見せてもらうと、
たしかにうちの家具似合いそう!

家にしまってあるトヨトミさんのストーブ(以前カフェでの展示モニターをして頂戴した)と入り口のクイーンズホテルで購入したステンドグラス付きカウンターとあわせて、そこにレコードコーナー作ったらすごく素敵~、
と、どんどん空想が膨らんでしまい、

廃棄予定だった調理台やら、大工用具などもおまけしたりして、
クワランカで17年間活躍してくれたものが、
伊豆の新しいお店に引っ越すことになりました。


入り口のステンドグラス付カウンターは、
クイーンズホテルさんから無理やり譲っていただいた素晴らしいアンティークな一点物で、処分するのは忍びなく、
さりとてあまりに大きく重く、一般家庭向きではなかったので、
リゾート地のカフェバーに引き取っていただくことができて、
とても安心しました。


夏になったらみんなで遊びに行こうと、
早くも盛り上がっています。
どんなお店が生まれるのか、とっても楽しみ!



Bar&Records Delmonico′s



世田谷北沢2丁目32−8 SSビル2F D
20:00-5:00(日休)
03-3465-8815
Twitter
お店の記事


2019年2月1日金曜日

クワランカ・カフェ吉祥寺エピローグ【編み会編】

早いものでもう2月。 カフェのクローズでてんやわんやしてたのが、もう半月前のことなんて嘘のよう。 1月は行く 2月は逃げる 3月は去る
とはよく言ったもので、 年が明けると、あっという間に春になってしまうようです。 昨年のこの時期は、まさかカフェをやめるなんて思ってもなかったので、 いま専業主婦をしてることが不思議なのですが、のろまなわたしはカフェの残務処理が終わらず、相変わらず時間に追われているような気がしてゆっくりできておりません。 さて、備忘録として記録すると言ったものの、なかなか更新ができないこちらのブログ、 今日は編み物大~好きな、編み人さんたちのことを書いてみますね。 クワランカが吉祥寺に移転してからというもの、お席で編み物をするお客様が増えたのですが、 そもそものきっかけは、ある一人のお客様がふらっといらしたことから始まります。 お客様のお名前(ニックネーム)は月子さん。 その日店内では定例のレース編み教室が開催されていました。 繊細なレース編みを、わいわいお喋りしながら編んでゆく美恵子先生と生徒さんたちを、 興味深そうに見つめ…いやガン見してる見た目は美人だけど、ちょっぴり怪しい人物。 その方から後日、自分も編み物を数人でやる会をしたいとお申し出がありました。 その時は、てっきりSNSでレース編み教室のことを知って、会場調べのためにご来店されたのだと思ってましたが、 後日お話をすると、本当に偶然にレース教室の日に初来店されたとのことで、 ご縁パワースポット・クワランカの威力がその日も発揮しまくりだったのでしょう。 月子さん(以下月ちゃん)の呼びかけで、だんだんと参加人数が増えて、 とうとう貸し切りで編み会をするまでに。 月ちゃんに連れられて、のちに手染め糸kusumikeを始めるくすみちゃんがクワランカに来てからは、Kusumikeの糸を求めて各地から編み人さんが集まり、ますます編み会が盛んになりました。 しかし、編み物好きの皆さんのお喋り好き、美味しいもの好き、そしてもちろん毛糸好きには、 近くで見てても圧倒されるものがありましたよ。。 金曜日担当サキちゃんのタイ料理を目指して、 お腹をすかせた美魔女たちがやってくる〜
Kusumikeはもちろん海外通販でも毛糸を爆買い〜

そして終わらない編み物についてや日常のあれこれのお喋り〜
いやいや日本の経済は、彼女達のような自分の欲求に正直な女性が回しているのですね。 心から敬服します。 わたしも目指そうっと。
年明けの蚤の市でも、クワランカでの編み納めということで10数人が集ってくれて、 少なくなった椅子やテーブルを寄せての編み会。 蚤の市の家具や食器もご購入いただき、捨てるには惜しい宝石陳列ガラスケースも引き取ってもらって、 最後まで本当にありがとうございました! 編み会の楽しげなお喋りと笑い声と、素敵なニットのおかげで、 お店とわたしは、いつも幸せのお裾分けをいただきました。 いつまでもお元気で楽しい時間を紡いでいってくださいね。 しかし、あんなに毛糸買っていつ編むのかしら?




2019年1月29日火曜日

クワランカ・カフェ吉祥寺エピローグ【クワランカの家具は何処へ?編】

東京は今日も良いお天気です。
朝の洗濯物がもうすぐ乾きそう。

このあと野菜を買い出しに行って、ベランダで干そうかなー。
干し椎茸なんかは高いけど、家で作ればリーズナブル。
生より栄養価も上がるし、いいことづくしです。

さて、昨日は病院の日だったので、病気のことなどを書いてみましたが、
備忘録として、クワランカ最後の日々の記録を
毎日少しずつ綴っていきますね。

一昨日書いた蚤の市販売編の続きです。

昨年12月、まだ使用中の机やテーブルなどの大きな物に値札をつけ、
気に入ったお客様にご予約をしていただき、
年明け蚤の市の時間内に、お引き取りいただくことにしました。

蚤の市で欲しい家具と出会っても、その日のうちに持ち帰るわけにはいかないので、
1ヶ月ほど見本としてカフェご利用のお客様にご覧いただいたのち販売するというのは、頭脳明晰なたがみ家のアイディア。

なるほど!さすがわたしがAIと見込んだことはある。
(引きこもりで遠隔にて口出しするので)

本文とは関係ないけど記すと、
わたしがこうして時々気まぐれにブログを書くと、決まって真夜中にそれを読んだたがみさんから誤字脱字の指摘が来るんですよ。

いや、たいへんありがたいんですがね。
ずっと見張られてるような気がして怖い…w

話しを戻すと、ではいくらで販売したらいいか?ということで頭を抱えてしまいました。

そもそも当店のテーブルは、実家の旅館で使用していた昭和初期の文机やちゃぶ台に、
親方が渋谷店オープン当日無理矢理足を付けてテーブルにした代物。

それと中古で買って、さらに17年間使い続けてボロボロになった椅子など。

自分で言うのもアレなのですが、
そんながらくたを力ずくで集めて“隠れ家カフェ風”に仕立て、雑誌やテレビで何度も紹介されたのは、わたしのセンスがいいからなのです( ̄^ ̄)ゞ

そんなものに値段をつけるなんて、とてもできやしません。

そこで、ご近所にある大好きなアンティークショップ、クイーンズホテルの里美さんにお願いして、値段をつけてもらうことにしました。



さすが里美さん、使い勝手の良さげなもの、
ジャンク品だけど手をいれたら使用できるもの、
デザインや年代なども考慮しつつ、
適正に価格を決定。

もちろん、営業中は使用して閉店後お渡し、運搬はお客様任せなので格安ではありますが、
一律同じ価格より、
きちんと品物を見て値段をつけていただくことで、愛のある商品になりました。

里美さんへのお礼として、吉祥寺店オープン当時クイーンズホテルで購入した照明をお戻しして、わたしのお気に入りの本棚やガラス瓶などを託すことに。

あの素敵な空間(クイーンズと喫茶トムネコゴは現代からタイムスリップした異空間)で、再び新しいオーナーに見いだしていただければ嬉しいです。




クイーンズスホテルアンティークス
武蔵野市吉祥寺南町3-32-2
定休日(火)(水)
13:00-20:00

2019年1月28日月曜日

がんのこと。余命半年宣告から今日まで。

今日はわりあいに暖かかったように感じましたが、まだまだ寒い日が続きそうですね。

午前中は川崎の日医大武蔵小杉病院へ先週のCT検査の結果を聞きに行ってきました。

予想していた通り病状が進んでいるようで、いつもは飄々としてギターの話ばかりしている主治医が、気を使いながら説明しようとするので、
「これはただごとではないな」と感じました。

現在の主治医かつまた先生にセカンドオピニオンで診ていただく前は、地元のO病院で胆管癌で何もしなければ余命半年と言われていたのですが、下記を経て、おかげさまで現在も生きております。

O病院二泊三日の検査入院の際のあれやこれやに不信を抱く→胆管癌と診断。同病院で一泊しながらの抗がん剤治療を勧められる(二回目以降は日帰り)→告知の内容や話の進め方に疑問を感じて同病院での治療を拒否→鹿児島のオンコロジーセンターの植松先生の推薦で、腫瘍内科医のかつまた先生のところへ→日帰りの検査で原発がHER2タンパク(スピードの速いがん)を持っている乳がんだということも判明→日帰りで普通の抗がん剤と分子標的薬(正常な細胞を攻撃せず、がん細胞にのみ働きかけるお薬)を点滴投与→抗がん剤の副作用で血小板が無くなり出血が止まらず入院→血小板の輸血、骨髄検査、ステロイド投与などを経て回復、退院→CT検査でがんが小さくなっていた→副作用の少ない分子標的薬のみ投与→CT検査でがんが大きくなっていた(今ここ)

☝️を読むのが面倒な方向けにざっくり書くと、

O病院の診断ミスを野生の勘で察知したわたしは、これまた奇跡的に日本でも唯一無二な腫瘍内科医の名医に巡り合って、お互い趣味が音楽だということもあり意気投合、固い信頼を寄せて治療を受けているのです。

さて、ここでみなさんにお聞きしたいのですが、
余命半年って宣告されたらどんな気がしますか?

よくあたまが真っ白になるとか聞きますが、
わたしはといえば
「はぁあ⤴︎?(んなわけないじゃん!)」ってかんじでした。

肌感覚でみたてが間違っていると思ったのと、
カフェや家族のことでいっぱいいっぱいで、病気のことを感じる余地が心になかったことで、
「ガーン(しゃれじゃないですよ)」とはならず。

なによりもありがたいことは、4月にがんが見つかったときから現在に至るまで、
体調の変化がほとんどなく、健康な人と同じようにお仕事や家事を務められたことです。

てか、正直自分でもおどろくわ〜、カフェ最後の頃なんか怒涛の毎日だったし、親方(カフェ開店の時からお願いしている大工さん)と2人だけで店のばらしもやったわ〜
そのあとも毎日なにかしらあって走りまわってるわ〜。

これは一体どういうことなんでしょう。気力?

今後は副作用の心配も多少はありますし、お薬の効果なども不明(個人差あり)、
体調なども変化していくのかもしれません。

先を見据えて緩和ケアについてのお話も伺ってきました。

でも、信頼するかつまた先生のご判断のもと標準治療をしつつ、お薬の副作用を軽減しながら治療効果をあげるための食生活や、ご縁があって身近にいるセラピストさんによるセッションなども、楽しみながらトライしていけるような気がしています。

と、なぜか病気については前向きなわたしですが、
ものすごく後ろ向きなこともあるのです。

ひょっとしたら、そのストレスで病気になったのでは?というほど苦手なことについては、いづれ機会があれば書こうと思います。



※写真はブログの内容とは関係ありません。
最終日にサキちゃんからいただいたケーキ。美味しかった〜♡

2019年1月27日日曜日

クワランカ・カフェ吉祥寺エピローグ【蚤の市販売編】

毎日凍えるほどの寒さ、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
そろそろとりかからなくては…、と焦る気持ちはありつつも、
いつものようにブログの更新が遅くなってしまいました。

燃え尽き症候群?
いえいえ、ぜんぜん燃え尽きていません。むしろ今もボーボー燃え盛っています(笑)。

長年の習性でしょうか、思考が「バタバタしてる自分」設定のまま、追われるような気分で毎日を過ごしてまして。
カフェに関するあれやこれや処理しなくては案件を、スムーズに片付けられないんですね。
粛々とこなしていけばいいようなものですが、性格的に先送りにしちゃうので、
のんびり読書という心持ちまでは遠そう。

でも、最近お目にかかった方々から、とっても面白そうな本をいっぱい教えていただいたので、
明けても暮れても読書、という過去の自分に戻れるように、
きょうからto doリストを作ってこなしていきますよ!
(はやくミステリーとか読めるようになりたい。。)


で、ここからが本題の、クワランカ吉祥寺の最後の日々についてです。
いろいろな出来事があったため、数回にわけて書きますね。
今回は【蚤の市販売編】です。

昨年末にカフェを閉店し、開けて新年から使用していた家具や食器の販売のために蚤の市を開催しました。

予定していた4日、12時スタートの少し前に到着したら、
店の前に手伝ってくれるために埼玉から来てくれたKさんが立ってた。

いつもギリギリ到着でゴメン💦

さて、なにをどーしたらいいものか、まったくのノープランだったのですが、
有能なKさんが、厨房からどんどん食器を持ち出して、適正に値付けをしてディスプレイしていくんです。

わたしはといえば、飲食店の気分が抜けきらず、お客様がお腹を空かせて来店するかもと、あんこ餅やら味噌田楽やらを持って右往左往。

そこへSNSで蚤の市のことを知ったお客様がたくさんお見えになり、あっという間にバーゲン会場のように。

使いたおして古びた食器や調理道具ですが、クワランカの思い出にとお求めくださる方も大勢いらして、感激しました。

常連さんの他、渋谷や西荻窪時代のお客様の顔もちらほら。
懐かしい昔話や、最近のご報告などを談笑。

相変わらず値付けや販売はKさんや、この日はタロット占いのために来ていたサキちゃんにお任せしたまま、楽しい時間がどんどん過ぎていきます。

そしてここで、蚤の市の影の功労者「先生」こと銅版画家の奥 勝實さんが登場。

先生とはわたしがつけたあだ名で、お名前は存じませんでしたが、圧倒的な存在感から命名。
いつ頃からかカフェによく来てくださるお客様として認識してはいたのですが、年末より販売していた中古家具をたくさん購入予約(家具は何末まで使用して、年明けに引き渡しにしていた)してくれて、いつのまにか先生はわたし達の間で井の頭通り沿い辺りにある古道具屋のご主人ということになっていました。

蚤の市最終日にどなたかと自己紹介しあってるお話しの内容から、「こころのチキンスープ」などのベストセラーの装画をされている高名なアーティストさんと知りびっくり!

木片や大量の釘、針金など、ごみにしかならなそうなものも作品の材料になるからと言って引き取ってくれ、家具、食器も毎日買いに来てくれるのみならず、
Kさん不在の2日目からは、戸棚やテラス、座席の下の収納 スペースからも眠っていた雑貨や食器を発掘&値付けしてくれるなど大活躍。
先生曰く「ひとりでやってると、あたまがぐるぐるしてなにもきめられなくなっちゃうでしょ?」と、鋭くわたしの弱点を見抜き、自ら蚤の市を仕切ってくれたんのです!
照れるけどこんなことも。
「何度か話してるうちにすっかりオーナーのファンになっちゃってさ。」

いや〜、こうして振り返ると蚤の市前日にいきなり助っ人を買って出てくれたKさん(そんなことないよと言うはずだから、あえて名を秘す)と先生のお力がなければ、蚤の市は成立してなかったと思う。

いつもながら最後まで自分の場当たり的なやり方と、どこからか助け舟が出てなんとかなっちゃうことに驚く。

2人ともほんとうにお世話になりました!!




閑話休題。
蚤の市に来てくれた元スタッフたち。


今ではテレビ出演や執筆などでも大活躍。ラッパーのダースレイダー。
ダースの最低最悪のバイト時代については、来店当日のポストをご覧くださいW。



ダースに次ぐ使えねぇスタッフあつし(写真右)。
心がどんよりするような映画を製作することを得意とする(ぴあフィルムフェスティバル受賞歴あり)。
お客様に「テラス席はあいてますか?」と聞かれ、「さあ?」と答えたツワモノ。
現在は製作会社代表取締役。



元読モのとしこ。現在二児の母。
としこは、来店の前日に不思議な感覚に導かれ、なぜか「クワランカ・カフェ」と検索。
そして、わたしの病気が原因で閉店することを知り驚いたそうだ。
奇しくもそれは蚤の市最終日の前前日で、当日としこは石神井公園からチャリを漕いで駆けつけてくれたところ、同期のあつしにばったり。

まあ、わたしの周りではこういうこと頻繁に起こるんだけど、2人はスピリチュアル!とびっくりしていたみたい。

そして、今回の蚤の市では、またまた驚くべき出会いがあったのです。
続きは【クワランカの家具は何処へ?】の巻にて。



2019年1月3日木曜日

新年明けましておめでとうございます  身辺雑記/閉店エトセトラ

晴天の暖かいお正月。
みなさまはいかがお過ごしでしょうか?

わたしは怒涛の年末を終えて、十数年ぶりにお仕事のない三が日をのんびり~ダラダラ~勝手気ままに暮らしています。

昨年の閉店前には、予想もしていなかったほどの沢山のお客様や友人、親戚、昔の仕事仲間、ご縁があったアーティストさんたちが来てくださり、毎日がパーティーのごとく過ぎ去っていき、あっという間に31日を迎えてしまいました。

神経が高ぶっていたせいか、ところどころ記憶が曖昧なんですが(笑)、
おかげさまで無事クワランカ・カフェの17年と8ヶ月の営業を終えることができました。

これもひとえに支えてくれたスタッフ、家族、そしてクワランカを愛してくださったみなさまのおかげと、感謝のきもちがあとからあとから溢れてきて、つきることがありません。

大きなギフトをもらって、お返しするすべもなく呆然としていますが、
生きていた証として、
今のこの気持ちを忘れないように、大切に持っていたいと思います。

クワランカに関わってくださった皆様、ほんとうにありがとうございました。



明けて新年。
大掃除もせず、お節料理も作らずに、洗濯物が部屋中にぶら下がっている万引き家族のおうちのような状態ではありましたが、
西荻時代のスタッフDさんの差し入れの豪華お節重のおかげで、
満腹&大満足のお正月。
(Dさん夫妻は三鷹と西荻窪でサカナのムレ、さかなづきというお魚の美味しい居酒屋をやってます。お近くの方はぜひ!)

息子パジャマのまま💦







今年の抱負は「今この瞬間を生きる」。
毎日を丁寧に暮らすことを心がけていきます。

カフェの仕事と主婦業をこなしながらの17年間、もうね、毎日追われる追われる、
自分が今何を感じているかわからなくなることも多かったのですが、
これからは自分の気持ちから目をそらさずに、
自分に正直に生きたいです。

まずは今年最初のミッション、店内什器&食器の一掃処分の蚤の市を、
いろんな技を持つ有志を迎えて、ワイワイ楽しくやりますよー。
簡単なお飲み物とおやつもご用意しますので、
年末にお会いできなかった方ともお話しできれば嬉しいです。

みなさまのお越しをこころよりお待ちしています!


クワランカ・カフェ 蚤の市

1/5(土),6(日),9(水),10(木),11(金),12(土),13(日),14(月祝)
13時から17時まで

○クワランカ・カフェで使用していた家具、什器、食器の販売。
○古着販売
○タロットリーデイング
○ヘッドマッサージ
○サンキャッチャーとアクセサリー・クワランカ・エディションの販売


◎1/6(日)12:00-13:00 入江規夫ライブ (投げ銭制)
入江規夫/民族楽器アーティスト

クワランカ西荻窪店からのお客様で、
カリンバ、ジャンベ、ウクレレ、三線、ギターなど演奏楽器多数。
各地で教室も開催中。






2018年12月12日水曜日

身辺雑記:病気について、最後の展示、プリミ恥部さんのこと

暖かい冬だと油断していたら、いきなり凍える寒さがやってきましたね。
これでもか、というくらい重ね着しまくり、モンゴルの人のようになって上井草から吉祥寺まで自転車通勤しています。

夏に更新してからブログを書けずにいましたが、おかげさまで元気に年末の閉店まで働かせていただける見込みです。

今年の春にがんが見つかり、2001年4月に開店したクワランカ・カフェをクローズすることになり、
自分でもずいぶん寂しい思いもしたし、渋谷時代からのお客様や、吉祥寺店をご愛好いただいた常連様より、とても残念とのお言葉をいただいていますが、
最近になって、ここで一旦立ち止まり、また新しいことが始まるのだと思えるようになりました。

わたしは原発乳がんステージIVですが、最初に行った地元のO病院で胆管がんで余命半年と宣告された時も(誤診でしたが)、ショックを受けることもあまりなく、ご縁があって日本医大武蔵小杉病院の勝俣範之先生に主治医になっていただけたことで、健康状態も大変良好、日常生活を普通の人と同じように過ごせています。

今後も勝俣先生や、以前からからだのメンテナンスでお世話になっているロルファーの岡田邦宏くん、カウンセリングでわたしの心のケアをしてくれている岡本たみえさん、心身言語療法家の佐藤さりさん、そして宇宙LOVEアーティストのプリミ恥部さんという豪華なメンバーに支えられて、あらゆる場所で不定期にクワランカ・カフェを続けていくつもりなので、吉祥寺店の閉店はピリオド(終止符)ではなくカンマ(区切り)ということでよろしくおねがいいたします!

吉祥寺での営業が収めということで、各方面でご活躍の面々が企画展やトークイベントを企画してくださり、また、いつものカフェの時間にも多くのお客様にご来店いただき、嬉しい日々をおくっているうちに、あっと言う間に最後の月になってしまいました。

明日からは盟友きむくまカレーの店主であり、画家でもある、くまのひでのぶくんの個展が始まります。

ここ吉祥寺店での最後の展示ということもあり、流しのカレー屋としてクワランカで美味しいカレーをふるまってくれたくまのくんの画をちらっと観ただけで、さっきの搬入作業のときもちょっと泣きそうになってしまいましたが(笑)、こわいくらい嘘のない凜とした作品の数々が、クワランカとともにある様子を、みなさまにぜひご覧いただけますよう願っています。

展示は12月23日(日)まで。
12(水)と19(水)はきむくまカレーの特製カレーとおやつをお召し上がりいただけます♪







さて、話はがらっと変わりますが、当店のお客様のなかには、時々閉店後のクワランカにて宇宙マッサージというものをされているプリミ恥部さんって??と不思議に思われた方もいらっしゃるかもしれません。

前述のからだとこころの癒しをしてくださっている方々の中でも、とびきりチャーミングなお名前のプリミさんとは、4年ほど前からおつきあい。
友人から「すごい愛のパワーを持っているひとがいるよ!」と教えてもらってためらわずにしたオファーに答えてくださり、ギターの弾き語りや宇宙マッサージ、最近では至福の時にいざなってくれる舞などをしてくださっています。

知り合った時から既に知る人ぞ知る人気アーティストでしたが、近年吉本ばななさんや服部みれいさんとのご活動もあり、今や世界中で癒しのパワーを振りまいて飛ぶ鳥を落とす勢いでLOVE猛進撃中なので、お名前は聞いたことがある人も多いはず。

プリミさんの癒しについては、様々なメディアで取り上げられているのでここでは詳しく触れませんが、自分がほんとうにしたいことをしていない時にズレがでて、たとえば今のわたしのように病気というかたちをとって教えてくれていることや、わたしがありのままの自分でさえいれば、何もしなくても愛そのものでいられるということを、
その温かい手のひらをとおして伝えてくれました。

17年前に自分のお店を持って、ありがたいことに多くのお客様に親しまれて長年続けてくることができました。
大切な方たちとの出会いも、暮らしていくために必要なお金も、未熟な自分がすこしだけ成長できたことも、クワランカ・カフェがくれた大きなギフトです。

でも、毎日お店を決まった時間に開け続けるために、ほんとうにやりたかったことを置いてきぼりにしてしまったような気がするのです。

宇宙マッサージや舞で何度も何度もプリミさんから愛をダウンロードしてもらったおかげで、病気のことも、お店をやめることも、家族とのかかわりも、
だた愛に向かっていくための過程なんだと知りました。

そんなわけで、店主はいまとってもLOVEな気持ちでいっぱいです。
ブルース・リーが映画「燃えよドラゴン」で言ったセリフ「Don’t think.FEEL!(考えるな、感じろ!)」の精神でサバイブしていきますので、これからも見守ってくださいね。